こんにちは、安田です。今回のブログはハウスクリーニングでもとても重要な洗剤の効果を高める使い方、効果を保つ方法をお伝えしますね。この方法でお掃除を楽にしてストレスを少なくしましょう。

 

 

ハウスクリーニング洗剤の効果を高める使い方

 

ハウスクリーニングの現場でも、使う洗剤の効果を高めて使うのが重要になってきます。使う洗剤がその洗浄効果を最も発揮できる環境を作ることで、汚れが落ちやすくなってキレイにできます。

 

せっかく買い揃えた洗剤を「出来るかぎり少ない量で最大限の効果を発揮させて経済的な負担も減らせれば最高ですよね。

 

ハウスクリーニング洗剤の効果を高めるコツ

 

早速、どうすれば洗剤の効果を高められるのかのコツをご紹介します。一番のコツは、ズバリ「温度」です!

 

  1. 40~50℃のお湯で洗剤を溶かす
  2. 既製品の液体洗剤は容器ごと温める
  3. 落とそうとする汚れと洗剤をしっかり密着させる
  4. 分量をしっかり守る

 

1.オリジナルの洗剤(過炭酸ナトリウムなど)を作る際は、40~50℃のお湯で溶かして洗剤を作る。寒い冬などは温度が下がりやすいので、50~60℃の高めのお湯で溶かして使うのがおすすめです。

 

2.既製品の液体洗剤の効果を高める方法として、洗剤の容器ごと50~60℃のお湯で温めて使うと洗浄効果が高まります。洗剤を温める際は容器内にお湯が入り込まないように注意しましょう。

 

3.洗剤で汚れを落とすコツとして、洗剤が汚れにたいして触れる面積が大きいほど汚れが落ちやすく、浸透しやすくなります。洗剤をまんべんなくつけてキッチンペーパーなどでパックすると洗剤の効果をより発揮できます。

 

4.オリジナルの洗剤を作ったり、使ったりする際は決められた洗剤の分量をしっかり守ることが洗剤の効果を最大限発揮できます。洗剤の分量が少なすぎても効果がなく、逆に多すぎても素材を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

ほんの少しの手間を加えるだけで、洗剤の効果が変りますのでぜひ参考にしてみてください。

 

ハウスクリーニング洗剤の効果を保つ方法

 

知っている方もいるかもしれませんが、洗剤には消費期限みたいものがあります。洗剤も食べ物と同じで鮮度が重要になってきます。

 

今まで使っていた洗剤でも、「前より汚れの落ちが悪くなったような気がする…。」「あまりキレイにならない…。」みたいな悩みはありませんか?

 

それは、「新鮮な洗剤を使っていない!」ことが原因かもしれません。スーパーなどの特売品で買い溜めしてしまって結局洗剤をほとんど使わずに半年…1年…と時が経ってしまった洗剤を使っている…!そんな経験はありませんか?

 

とくに塩素系の漂白剤(キッチンハイターなど)は、洗剤を使わずに開封しなくても時間が経つにつれて濃度が落ちるらしく、保管方法の違いでも洗剤の効果が機能しなくなってしまいます。

 

僕も日々のハウスクリーニングの現場で、同じ洗剤を使ってるのにあまり効果が実感できないことがあったりして、「なんでだろう~♪なんでだろう~♪」と思ったりしたことがあって原因を考えてみたら、使ってからけっこう日が経っている洗剤を使っていることに気がついたことがあります。

 

それで新しい洗剤に変えたら、同じ洗剤でも効果が実感できることがありました。

 

ハウスクリーニング洗剤の効果(鮮度)を保つコツとは?

 

そこで洗剤の効果(鮮度)を保つコツをお伝えしたいと思います!

 

  • 洗剤は、基本的には未開封のものであっても半年以上は保管しないようにする。僕もよくやってしまいますが気を付けてくださいね!
  • 一度に大量買いはせずに使う分だけ買うようにする!ついついチラシなどの特売品をみると買いたくなるかもしれませんが我慢しましょう!
  • 高温で湿気が多い所に保管しないようにする。洗面台の下収納も実はよくないので部屋の棚などに収納するとよい!
  • 洗剤は、直射日光が当たる場所には置かないようにする!浴室や洗面所の窓際などに置かないようにしましょう!
  • 洗剤の開封後は、2~3か月で使い切るようにする。洗剤の効果が落ちないように早めに使いましょう!

ハウスクリーニング洗剤の効果を○○してお掃除を楽にする方法!まとめ

 

以上、ハウスクリーニング洗剤の効果を高めるコツと保管する方法をお伝えしました。

 

どのご家庭もご自宅にある洗剤がけっこうあるかと思いますので、この記事を参考にしていただいて洗剤を効率的に使ってみてください。

 

また洗剤の効果を最大限発揮するには、保管方法がとても大切ですので是非参考にしてみてください。

 

以上、安田がお伝えしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

  ◆サービスご提供エリアについて 東京都・神奈川県・埼玉県の一部地域。その都度お問い合わせ下さい。 ※サービスご提供エリアについては、出張費は無料です。

東京都23区

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区

東京都下

  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 日野市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 小平市
  • 東村山市
  • 西東京市
  • 清瀬市
  • 福生市
  • 東久留米市
  • 青梅市
  • あきる野市
  • 羽村市
  • 瑞穂町
  • 日の出町
  • 檜原村
  • 奥多摩町

神奈川県

横浜市内
  • 青葉区
  • 旭区
  • 泉区
  • 磯子区
  • 神奈川区
  • 金沢区
  • 港南区
  • 港北区
  • 栄区
  • 瀬谷区
  • 都筑区
  • 鶴見区
  • 戸塚区
  • 中区
  • 西区
  • 緑区
  • 南区
  • 保土ヶ谷区
横浜市外
  • 愛川町
  • 厚木市
  • 綾瀬市
  • 伊勢原市
  • 海老名市
  • 大磯町
  • 大井町
  • 小田原市
  • 開成町
  • 鎌倉市
  • 川崎市
  • 清川村
  • 相模原市
  • 座間市
  • 寒川町
  • 城山町
  • 逗子市
  • 茅ヶ崎市
  • 中井町
  • 二宮町箱
  • 根町秦野市
  • 葉山町
  • 平塚市
  • 藤沢市
  • 藤野町

埼玉県(一部地域)

  • さいたま市
  • 所沢市
  • 和光市
  • 新座市
  • 朝霞市
  • 戸田市
  • 蕨市
  • 鳩ヶ谷市
  • 草加市
  • 越谷市
  • 八潮市
  • 三郷市
  • 川口市
  • 狭山市
  • 志木市
  • 三芳町
  • ふじみ野市